デザイン住宅で快適な家を造ろう|個性を殺さない家

戸建ては南向きがおすすめ

見取り図

日当たりのよさがメリット

市原市では、戸建て住宅を建てるにあたり、南向きの土地が人気になっています。まず、南向きの土地だと日当たりがよいことが、市原市で人気の理由です。多くの住宅は、日本の夏の暑さの中でも快適に過ごせるよう、風通しを重視してつくられています。反対に冬は、寒さを感じてしまうつくりとも言えます。そこで一日中日の当たる、南向きに家をつくると、冬でも暖かく過ごせるというわけです。また、快適性だけでなく、利便性、経済性の観点からも南向きのメリットは大きいです。南向きに物干し場やベランダを設置することで、洗濯物が乾きやすくなります。一日を通して十分日光が入るため、照明や暖房のための電気代を節約できることも、家計にとって大きな魅力です。

暑さやプライバシーの対策

市原市の南向きの土地は、日当たりがよいことがメリットですが、家をつくる場合は、夏の日光への対策も考えておきましょう。少しの工夫で、快適な環境にすることができます。例えば、南側の窓や軒にひさしを設置することが挙げられます。こうすると夏の直射日光を遮ることができ、室内の温度を抑えることにつながります。冷房代の節約にもなるでしょう。また、広さに余裕のある土地であれば、植樹することも、効果のある工夫です。このメリットは、日光による暑さを防ぐだけにとどまりません。道路や近所からの視線を遮ることにも役立ち、プライバシー保護をすることができます。自然な形で違和感なく中を見えづらくできるため、市原市で人通りの多い道路沿いの土地に建てる場合などは、非常に有効と言えるでしょう。